訪問リハビリテーション

ご家庭に理学療法士や作業療法士が訪問します

訪問リハビリテーションでは、通所が難しい方のご家庭へ理学療法士や作業療法士が訪問し、利用者様の状況に合わせたリハビリを行っています。例えば病気や怪我で長く入院されていた方には、自宅内での歩行から、食事やトイレなどの動作、段差の昇降など、日常生活に直結した動作訓練を中心に支援。入院前の生活に可能な限り近づけるよう、専門知識を元に手助けをしていきます。
訪問リハビリテーションの強みは、段差やお風呂の高さなど、実際にご自宅の状況を確認しながら訓練できる上、ご家族にもその場で介助方法を伝達できることです。「どこまで出来るようになりたいか」明確に目標を立て、必ず達成して社会復帰できるよう、心こめてお手伝いします。

退院や精彩園からの退所後も、変わらずリハビリが続けられます

当施設は「土橋内科医院」「介護老人保健施設」「通所リハビリテーション」「訪問リハビリテーション」の4部門が連携しています。そのため、入院・入所していた方が在宅介護になっても、自宅でのリハビリへそのまま移行することが可能です。以前と同じ理学療法士・作業療法士が自宅へ訪問し、利用者様が日常生活を過ごしている環境に合わせて、最適なリハビリを実施します。
「ここは段差があるから転びやすそう」「ここは手すりがないと滑る可能性がある」など、専門家だからこそ気付ける「住環境の改善案」も同時に提案可能です。

リハビリ

介護老人保健施設精彩園_ケアマネージャー

目標に沿ったプログラムで機能の維持・回復を目指します

利用者様本人やご家族に具体的な目標を定めていただき、それが達成できるようプログラムを作成。それに沿って理学療法士・作業療法士がリハビリを行っていきます。例えば「外へ買い物に行けるようになりたい」という最終目標を建てた場合、まずは「手すりを使って家の中で自由に歩けるようになる」「玄関の段差を越えられるようなる」「杖を使って外を歩けるようになる」など、最終目標に向かって段階的な目標を設定。小さな目標をクリアしながら、大きな目標へ一歩ずつ近づけるお手伝いをします。

家に引きこもりがちな方の、外に出るきっかけづくりも仕事です

訪問リハビリテーションは、身体的な機能回復はもちろん、心の回復にも大きく力を発揮します。「介護レベルが下がってしまい家から出られなくなってしまった」「体の状態が悪くなって歩けなくなった姿を人に見られたくない」。このようにひきこもりがちになった方は、ご本人はもちろん介護するご家族の負担を大きいものです。筋力トレーニングやバランス訓練などのリハビリを通じて、徐々に自分に自信をつけていただき、体も心も一緒に回復できるよう支援していきます。

散歩

一日の流れ

ご利用について

入所基準

ご利用までの流れ

費用・料金

ページTOPへ