ショートステイ

急な用事や介護にお疲れな時にご利用ください

ショートステイは、短期間(1泊2日から最長30日まで)介護老人保健施設に入所し、食事や入浴などの日常生活の支援や、リハビリを行うことによって、身体機能の維持・回復を図るものです。その目的は、介護にあたるご家族の心と体の負担を軽減する要素が最も大きく、仕事や冠婚葬祭などの急な用事がある場合や、日々の介護ストレスの解消などにご利用いただけます。その他、自宅にこもりがちになってしまう利用者様の孤独感解消や、介護老人保健施設への入所に備えた練習、グループホームなどに住替える前に予め日常生活の課題を把握するためなど、様々な目的での利用にお応えします。

介護老人保健施設に入所の方と同じサービスが受けられます

ショートステイご利用中は、食事や入浴など日常生活上の支援や、理学療法士・作業療法士による身体機能の維持・回復のためのリハビリなど、入所者様と同じサービスを受けることができます。「将来的に入所を希望しているため、どんなサービスがあるか一度体験してみたい」という方や、「日常生活の動作に不安があり、短期間で集中的にリハビリをしてほしい」という方にも最適です。
ショートステイには介護者の負担低減の要素が大きいため、単なる宿泊ではなく、ショートステイ中に日常生活機能が低下することのないようしっかりと専門的なケアを行っていきます。

リハビリ

介護老人保健施設精彩園_ケアマネージャー

短期間でもしっかり計画をたて、利用者様の要望に沿った支援を行います

1泊2日という短かいショートステイ期間であっても、ケアマネージャーによるケアプランを基づいた「短期入所介護サービス計画書」を事前に作成。ご家族様や利用者様の意向に沿った内容・スケジュールで支援サービスを提供します。
ショートステイ後は、ご利用したサービスがどうだったか「評価表」を家族にお渡しし、ショートステイ中の様子をご家族にお知らせするので安心です。

介護を担当するご家族の負担を軽減します

ショートステイの大きな目的の1つと言えるのが、介護にあたるご家族の身体的・精神的な負担軽減です。例えばご本人やご家族の病気、急な出張などの仕事、冠婚葬祭、旅行などで一時的に介護ができなくなった場合はもちろんのこと、介護にがんばりすぎて少し休憩がしたいという場合でもご利用いただいて大丈夫です。
介護福祉士や看護師、理学療法士、作業療法士など、様々なプロフェッショナルが集まる「介護老人保健施設」ならではのショートステイを、ぜひご利用してみてください。

リハビリ

一日の流れ

日課表
6:00 起床
7:00 朝食・口腔ケア
8:30 検温・状態観察
10:00 水分補給・体操
12:00 昼食・口腔ケア
14:00 レクリエーション
15:00 おやつ
18:00 夕食・口腔ケア
21:00 消灯

介護老人保健施設精彩園_口腔ケア

口腔ケア

リハビリ

リハビリ

介護老人保健施設精彩園_状態観察

状態観察

介護老人保健施設精彩園_昼食

昼食

入浴

入浴

介護老人保健施設精彩園_おやつレクリエーション

おやつレクリエーション

ご利用について

入所基準

要支援1、2・要介護度1~5の方がご利用になれます。

費用・料金

短期入所療養介護・1割負担者用料金表(PDF)はこちら>>>

短期入所療養介護・2割負担者用料金表(PDF)はこちら>>>

ご利用までの流れ

ショートステイご利用までの流れ(精彩園)

準備物品

  1泊 2泊 3泊以上
上着 1枚 2枚 3枚以上
肌着 1枚 2枚 3枚以上
ズボン 1枚 2枚 3枚以上
下着 1枚 2枚 3枚以上
靴下 1足 2足 3足以上
寝巻き
(パジャマ)
1組 2組 2組以上
発熱時、疼痛等、かゆみ時等に使用されている常備薬がございましたら持参のうえ、使用方法をお知らせください。
蓋つきバケツ 1個

※持参物、着用しているものには、全てフルネームのご記入をお願いします。
なお、他利用者の持参物と取り紛れることもありますので、上記以外の持参物は最小限にお願いいたします。

ページTOPへ