介護老人保健施設

1日でも早くご家庭へ復帰できるよう、専門的なケアに真摯に取り組んでいます

介護老人保健施設は、病気・怪我療養後の高齢者に対し、「医療」「介護」「リハビリ」の連携による支援サービスを行うことで、住み慣れたご家庭への復帰を目指す施設です。より専門的なリハビリやきめ細やかなケアを強化した当施設は、その高い在宅復帰機能が認められ、全国で1割程度しかない「在宅復帰強化型施設」に認定されました。また精彩園の各施設と連携することで、 退所後もご家庭での生活に支障がないよう「包括的ケアサービス」の提供にも取り組んでいます。

看護・介護・リハビリ等のプロフェッショナルが連携して支援します

ご家庭への復帰には、幅広い分野の支援に同時に取り組んでいく必要があります。そのため当施設では、 医師、看護師、理学療法士、作業療法士、歯科衛生士、管理栄養士、支援相談員、施設ケアマネジャーなど、多職種からなるチームが、入所様ひとり1人に合わせたきめ細やかな支援を提供。医療度の高い方には医師や看護師が、病気で麻痺が残っている方は療法士が、生活意欲がなくなって食欲をなくしている方には管理栄養士が中心となるなど、それぞれの専門性を活かしながら一丸となって支援を行っています。

介護老人保健施設精彩園_スタッフの連携

リハビリ

ご自宅の環境を実際に見て、個別のリハビリを提案します

入所者様によって、ご自宅が階段の多いマンションだったり、段差のある日本家屋だったり、敷地内に家族がいたり、1人暮らしだったりと、家庭環境は様々です。ご自宅の状況を知らずにリハビリ計画をたてても、その方の環境に必要な機能が回復できていなければ、ご家庭に復帰することはできません。当施設ではそのような齟齬を防ぐため、入所の前にご家庭にうかがい、トイレやお風呂の位置、動線などを確認した上で個別に機能訓練を計画しています。また退所する前には、手すりやスロープなどの環境整備の提案も手掛け、それらを使ってリハビリ通りの生活が出来るところまで見届けます。

精彩会の各施設や地域と連携し、退所後の生活を手助けします

退所後もご家庭で安心して暮らせるよう、在宅生活に必要な機能訓練を出張で行う「訪問リハビリテーション」や、日中のリハビリに「通所リハビリテーション」、在宅看護ができない時に利用できる「ショートステイ」など、精彩園の各施設と連携しながら、自立した生活のお手伝いをしています。また、地域ぐるみでの高齢者支援にも力を注いでおり、地域で活動する民生委員やボランティア団体とも協力しあいながら、地域包括ケアシステムの構築にも同時に取り組んでいます。

自立した生活のお手伝い

ひとり一人の要望に合わせた柔軟な対応

入所者様ひとり1人の要望に合わせて柔軟に対応しています

認知症でスケジュール通りに生活できない方や、食事に制限がある方、リハビリが苦手な方など、入所者様の体の状態や趣味嗜好、ご希望は様々。リハビリにおいても、どの部分の機能をどれだけ回復すべきか、ひとり1人で異なるのは当たり前です。そのため当施設では、入所者様の意思を尊重した個別ケアに重点を置きながら、解決すべき課題をクリアできるよう各職種が知恵を出し合って取り組んでいます。いずれご家庭に戻り、家族と共にやすらかな生活が送れるよう、心を込めてケアに努めていきます。

一日の流れ

日課表
6:00 起床
7:00 朝食・口腔ケア
8:30 検温・状態観察
10:00 水分補給・体操
12:00 昼食・口腔ケア
14:00 レクリエーション
15:00 おやつ
18:00 夕食・口腔ケア
21:00 消灯

介護老人保健施設精彩園_口腔ケア

口腔ケア

リハビリ

リハビリ

介護老人保健施設精彩園_状態観察

状態観察

介護老人保健施設精彩園_昼食

昼食

入浴

入浴

介護老人保健施設精彩園_おやつレクリエーション

おやつレクリエーション

ご利用について

 

ご利用までの流れ

入所から退所までの計画

入所基準

要介護度1~5の方がご利用になれます。

費用・料金

入所1割負担料金表(PDF)はこちら>>>

入所2割負担料金表(PDF)はこちら>>>

準備物品

上着 3枚以上
肌着 3枚以上
ズボン 3枚以上
下着 3枚以上
靴下 3足以上
寝巻き
(パジャマ)
2組以上
発熱時、疼痛等、かゆみ時等に使用されている常備薬がございましたら持参のうえ、使用方法をお知らせください。
蓋つきバケツ 1個

※持参物、着用しているものには、全てフルネームのご記入をお願いします。
なお、他利用者の持参物と取り紛れることもありますので、上記以外の持参物は最小限にお願いいたします。

ページTOPへ