精彩会について

精彩会理事長挨拶

高齢化が社会問題となり介護保険制度がスタートした2000年4月、医療と介護の両面から地域のお年寄りとそのご家族の方々に寄り添えるサービスを提供するため、精彩会を設立致しました。

それまでは通院が難しい方には、往診による対応を行っておりましたが、そこには限界があり、老化による脳血管障害、認知症など症状が進むほどに、医療と介護は切り離すことはできない問題として顕在化していきました。

まだ尾道には規模の大きい介護施設が無いなか、周囲からの強い要望も受け、地域の方々に微力ながら貢献させていただけることが私どもの使命と感じ、精彩園を開設。以来、地域とのつながりを大切にしながら、質の高いケアを目指して努めて参りました。

ご家族の方との連携による細やかなケアと、ご本人様の状態に合わせたリハビリプログラムの導入などにより、現在、全国の介護老人保健施設(老健)の中で10%にも満たない『在宅復帰強化型施設』の認定も受けました。
また、最近ようやく老健でも「看取り」の重要性が認知されてきましたが、精彩園では土橋内科医院時代より地元の高齢者の方に向き合ってきた実績から、設立当初より「看取り」に対しても真正面から取り組んでおります。

これからも当会の理念に則し、精彩会とご縁をいただきましたお一人おひとりのご希望に添えるよう、そしてご家族の皆様に安心していただけますよう、より一層充実したサポートをご提供して参ります。

医療法人社団精彩会 理事長 土橋 敬弘

理事長土橋敬弘

理念

 

一つ、精彩会は思いやりをもって進みます。

一つ、精彩会は感謝をもって進みます。

一つ、精彩会は希望をもって進みます。

精彩会シンボルマーク

医療法人社団精彩会シンボルマーク

まわりの3つの輪は理念を表しています

ピンク・・・ハートをイメージ(思いやり)
スカイブルー・・・木=自然のめぐみ(感謝)
青・・・空をイメージ(希望)

ISO認証取得

医療・福祉サービスの複合の認証取得では国内初

ISO9001:2000はISO9001:1994の品質保証から品質マネジメントへと発展・改訂された品質管理システムの国際規格であり、ISO9001:1994で要求されていた品質システム手順の明確化、品質記録の維持管理などに加えて、システムに対するプロセスアプローチ、経営者のコミットメント、顧客満足度、継続的改善などが新たに盛り込まれており、よりお客様志向で質の高いサービスを継続的に提供することが要求されています。
精彩会は昭和59年10月土橋内科医院を開設し、介護保険制度の開始に合わせ平成12年4月に老人保健施設精彩園、居宅介護支援事業所をオープンしました。
医療・福祉サービスのチーム連携による満足度の高い顧客サービスを目指すべき経営の基盤として考えてきました。
精彩会がISO9001:2000の認証取得に取り組んだ目的は、すでに評価を得ているサービス品質をさらに改善し、お客様満足の限りない向上を実現するための継続的なサービス改善の仕組みを構築することにあります。
そのため、平成13年8月に認証取得に取り組み始めて以来、お客様志向を強化し、標準化された高品質のサービスを提供するためのシステムづくりを行ってまいりました。
こうした取り組みと構築されたシステムが評価され、このたびの認証取得に結びついたことは大きな喜びであります。
今後も精彩会の理念(思いやり、感謝、希望)をより具体化していくために、さらなるサービス品質の向上に向けて努力してまいります。

iso1 iso2

医療法人社団精彩会は平成14年6月28日付けで全ての事業分野を対象に国際標準規格ISO9001:2000(品質マネジメントシステム)の認証を取得いたしました。

概要

施設名 介護老人保健施設 精彩園
代表者 理事長 土橋 敬弘 
所在地 〒722-0215
広島県尾道市美ノ郷町三成339番地3
TEL 0848-48-5511
FAX 0848-48-5582

沿革

昭和59年9月 土橋内科医院開業
平成6年12月 医療法人土橋内科医院設立
平成11年9月 医療法人社団精彩会設立
平成12年4月 介護老人保健施設精彩園開設
精彩園居宅介護支援事業所開設
ページTOPへ